残土ふるいを活用【害虫なども取り除いてくれる事から利用】

残土処理を現場で行う

メンズ

コスト削減につながる

建設や土木の現場では必ず残土が発生します。残土は適切に処理することが求められ、このため処理場まで運び込む必要がありますが、近年は残土ふるいを現場で行うことも増えています。残土ふるいは残土を入れて網で振るうことによって大きさを分別することができる機械です。残土といって土砂や泥などが混じり合ったものになりますから、ふるいにかけて大きさを分別することで、それらを再利用することができるものです。残土ふるいにより大きさが分別できれば再利用可能なものはその場で再利用し残土を処理場に持っていく運搬費用を削減できます。特に道路事情が悪い地域で大規模に行う場合には現場での残土ふるいは経費削減につなげることができますし、運搬車による環境悪化を最小限にすることができます。残土ふるいといってもさまざまなタイプの機械があります。ある程度の規模があるプラント型から車両を使って移動させることが可能なタイプもあります。基本的には据え付け型の残土ふるいがよく使われますが、自走式もあります。自走式のメリットは現場を移動しながら残土ふるいが行えるので現場で使うダンプの数を最小限にすることが可能です。選ぶ基準としてはそれぞれの需要に合わせたものです。大型のものでは設置に場所が必要になりますし、小型過ぎては処理能力から作業が遅くなる場合があります。また自社で購入して保有する方法のほかレンタルを使って一時的に借りるといった方法もあり、特に日常的に残土ふるいを行わないのであればレンタルの方が費用的なメリットがあります。

Copyright© 2018 残土ふるいを活用【害虫なども取り除いてくれる事から利用】 All Rights Reserved.