残土ふるいを活用【害虫なども取り除いてくれる事から利用】

残土の適切な取り扱い方法

男の人と女の人

残土を再生させる必要性

建設現場や工事現場で発生する残土は、有害物質が含まれていたり、汚泥状態だったりした場合には、産業廃棄物として取り扱われることになります。その為、残土を適切に処分しなければ、自然環境の破壊に繋がってしまうことから、事前に各自治体の条例や要綱を確認しておくことが必要です。残土をそのままの状態で処分する場合、かなりの労力や費用が掛かることから、最近では、直接現場で残土の分別が行われるようになって来ました。この方法の最大のメリットは、輸送コストを大幅に抑えられることです。具体的には、残土が発生した場所で残土ふるい機を活用して分別を行うようにすれば、分別されたものは、この場所から直接適切な場所へ運ばれるようになります。つまり、残土から分別されたものを運び出すのは、現場ではなく、分別されたものを必要としているところが行います。残土ふるい作業の負担を大幅に軽減してくれる専用機を利用する為には、現場で設置場所を確保しなければなりませんが、様々な機種が提供されていますので、きちんと設置条件を満たした機種を選ぶ必要があります。尚、残土ふるい作業に掛ける費用に関して、余裕がある場合には購入することも十分に可能ですが、余裕が無い場合には、レンタルサービスを利用することでコストパフォーマンスを高めることが出来ます。但し、どちらの場合でも、残土ふるい機をきちんと使いこなすことが必要で、その為には、人材育成や人材確保が継続的に行われなければなりません。

Copyright© 2018 残土ふるいを活用【害虫なども取り除いてくれる事から利用】 All Rights Reserved.