残土ふるいを活用【害虫なども取り除いてくれる事から利用】

土地ならしに最適な重機

男女

農地の除礫作業で活躍する

残土ふるいは、建設現場や土木工事、土地改良工事などを行う上で瓦礫やゴミなどが混じっているのを除去するために行われます。主にショベルカーなどの先端部分を残土ふるい専用の器具に変換して、それによって作業を行う形になるのが一般的です。土地ならしなどで見た目も良くしたり、農作物を植える土を作る場合が存在しますが、重機を用いてふるいの作業を行うことでその効率が良いのも魅力的です。従来の残土ふるいの方式であると水分を多く含んだ土の場合、上手くふるいが出来ない場合も存在します。ところが攪拌チェーンを作動させることで、土の塊などを分解させ、しかも専用の網を通することでさらさらとなる土を作ることも可能です。ただ最新のタイプとなると従来の様に単に網を設け重機のレバーで左右に振る作業を行う必要がありますが、特にそれを必要としないで攪拌チェーンの動作だけで残土ふるいを行うことができるメリットがあります。そのため低振動と低騒音を実現できることで、周囲環境にも配慮した形で作業を行うことにも優れ、オペレーターの負担も軽減することが可能です。使用される用途は、ビルや工場を建てる等の建設現場やダム・道路などの土木工事現場、粉砕コンクリートの選別作業に使うことができます。それ以外にも砂や砂利、玉石の仕分けや田畑を造成する場合の徐礫作業にも使うことが可能です。残土ふるいを人間の手で行うよりは重機を用いて行った方が効率性にも優れ、各種現場でも重宝される存在となっています。

Copyright© 2018 残土ふるいを活用【害虫なども取り除いてくれる事から利用】 All Rights Reserved.